×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





―― OP+ED+キャラクターソングで描く物語 ――




【パンドラ少女】 

世界の絶望を閉じ込めた《パンドラ》を継承する少女と
《パンドラ》を解き放つ《鍵》となる少年が巡り逢った時、
新しい物語が始まる――。

架空アニメ(?)の世界を描いたイメージCDです。

* 全4トラック *

価格 : 500円






▼ トラックリスト ▼  

 Tr01 : 箱庭世界(OP主題歌っぽいの) song by AKURU
     
 Tr02 : 未来(EDっぽいの) song by KANOE&ANJU
     
 Tr03 : キミと。(キャラソンっぽいの) song by RIN
     
 Tr04 : 彼と彼女と因果律 - RIN&AOI ver.-(キャラソンっぽいの) song by RIN&AOI
     

  ※未マスタリング音源のため実際の収録音源とは異なります。
     





咲坂りん -Sakisaka Rin-     CV.天城あくる

世界の災厄を閉じ込めた《パンドラ》を継承する者。
《バンドラ》は宿主の体内で眠っており、《鍵》と接触することで目覚め、世界に混沌を招く。
そのため、《鍵》と出逢い最悪の結末を迎えないよう常に監視された生活を送っている。
高校を卒業するまでは《守護者》である庚と共に行動することを条件に自由を得ているが、
卒業後は、外の世界と完全に隔絶された場所へ幽閉されることが決まっている。
幼少期より抑圧された生活を送っていたため、大人しく控えめな性格。
おっとりマイペースだが、芯は強く、己の運命を受け入れる心の強さは持っている。




遠野碧 -Tono Aoi-          CV.橘こむぎ

《パンドラ》を開く《鍵》を受け継ぐ者。
遠野家は代々《鍵》を継ぐ家系であるが、これまでは女性がその役目を担っていた。
男性が《鍵》として選ばれたのは初めてであるため、幼少期は慎重に保護され育てられていた。
現在は、《騎士》である杏樹の目が届くところであれば、比較的自由に行動できる。
物静かで必要なこと以外は言葉にしないタイプ。
勉強も運動も、すべてにおいて適当に済ませているため、成績は中の上くらいで目立たない。
ボーっと空を見上げることが好きで、友人には天然と言われるが、実は周りをよく観察している。




設楽庚 -Shitara Kanoe-      CV.紗倉妃芽

《パンドラ》を護る《守護者(ガーディアン)》。
幼い頃より《パンドラ》を護るための術を叩きこまれており、勉強も運動も完璧にこなす。
鋭い観察眼を持ち、どんなことでも冷静に対処できるが、意外に喧嘩っ早いところもある。
《パンドラ》が《鍵》と出逢うことのないよう、りんに接近する者やりんが興味を持つ者には
常に鋭く目を光らせている。
りんのことは大切に想っており、幽閉される未来を変えたいと願い奔走している。
もちろんそのことは、りんには秘密。





杏樹 -Anju-              CV.藍月なくる

《鍵》を護る《騎士(ナイト)》。
幼い頃より《鍵》を護るよう育てられたため、運動や武術は得意。でも頭は少し残念。
冷静な判断力や観察眼はないが、それに勝る行動力がある。
人や物事への好き嫌いが激しく、それを態度に出すタイプ。
碧のことが大好きで信頼もしているが、会ったこともない《パンドラ》の存在を嫌悪しており、
災厄だ何だと問題が発生する前に《パンドラ》をこの世から消せばいいのにと常々思っている。
短絡的な思考の持ち主だが、明るく人懐っこいせいか、遠野家からはとても信頼されている。










▼ スタッフ(敬称略) ▼

企画・制作
イラスト・デザイン
作編曲
    
    
ミックス
    
    
マスタリング
:
:
:
:
:
:
:
:
:
AInSEL
夏菜みほ
有岡純一(01、04)
miu*(02)
一条あかり(03)
nmk/佐原誠(01)
シロ(墨染サウンド)(02、04)
一条あかり(03)
シロ(墨染サウンド)(02、04)
 
咲坂 りん
遠野 碧
設楽 庚
杏樹





:
:
:
:





天城あくる
橘こむぎ
紗倉妃芽
藍月なくる









▼ リンク ▼

リンクを貼って下さる方はこちらのバナーをお使い下さい。


http://ainsel.iza-yoi.net/cd/pd/i/bana.jpg


http://ainsel.iza-yoi.net/cd/pd/i/bbana.jpg

URL : http://ainsel.iza-yoi.net/cd/pd/pandora.htm